乳酸菌とは違う!便秘の解消にビフィズス菌の効果がすごい

ビフィズス菌イメージ画像
私たちの腸の中には、多くの腸内細菌が棲んでいます。その中で、腸の調子を整える、免疫力を高めるなど、私たちの身体に良いい働きをしてくれるのが善玉菌です。そして善玉菌を代表する菌が、ビフィズス菌と乳酸菌です。

ビフィズス菌と乳酸菌はよく同じものとして扱われていますが、どちらも善玉菌の一種であって、実は違うものだということをご存知でしたか?

ヨーグルトを食べているのに便秘が改善できない。
慢性的な便秘を解消したい。
便秘と下痢の繰り返しを何とかしたい。

などと、悩んでいるのなら、ビフィズス菌と乳酸菌の違いを良く理解し、自分に合った便秘の解消に効果的な方法を選択してください。

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

乳酸菌は糖質を分解することによって腸のぜん動運動を促進する働きがある乳酸を作り出します。しかし、ビフィズス菌は乳酸だけでなく、腸内に生息する悪玉菌の増殖を抑制する働きのある酢酸も作り出すことができます。

また、乳酸菌の場合は、消費するブドウ糖100に対して、乳酸は5割以上も生成されますが、ビフィズス菌の場合は、消費するブドウ糖100に対して、乳酸は5割以下しか生成されず、その分、酢酸を同時に生成しています。

さらに、乳酸菌は見た目が球状、もしくは棒状になっていることが特徴ですが、ビフィズス菌は見た目がアルファベットのY字のような形をしているのが特徴です。

ビフィズス菌は大腸でしか生息できない

ビフィズス菌は腸の中でも大腸でしか棲むことができません。そして、少なくとも1兆、多くとも10兆ものビフィズス菌が棲んでいるといわれています。一方、乳酸菌は人間の体のあらゆる場所に棲みついていますが、ビフィズス菌の数の100分の1にしか過ぎません。特に小腸に多く棲んでおり、乳製品や発酵食品などにも生息しています。

乳酸菌は酸素があっても生きていくことができますが、ビフィズス菌は酸素があると生きていくことができません。さらに先ほどもお伝えしましたが、乳酸菌の主な代謝物は乳酸だけですが、ビフィズス菌の代謝物には乳酸のほかに酢酸が加わります。

小腸には酸素が存在していますが、大腸には存在していません。そのため、ビフィズス菌は大腸だけが生息できる場所だということなのです。

 

便秘を解消するには善玉菌の代表ビフィズス菌が効果的

 

ビフィズス菌は、人間の腸に生まれながら存在する菌です。ビフィズス菌は腸内環境を整え、便秘や下痢を防ぐ免疫力を高めるといった働きをします。

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも食べ物に含まれる糖類をエサとして、代謝物として酸と作り出します。
酸により腸内の酸性度が高くなると、悪玉菌が棲みにくい環境になり、善玉菌が増えやすくなり、乳酸菌やビフィズス菌が整腸作用を発揮しやすくなるのです。

しかし、乳酸菌が作り出す乳酸は、殺菌力がそれほど強くないのです。それに対してビフィズス菌は酢酸も作り出すことができます。酢酸のほうが、乳酸よりも酸性度が高く、悪玉菌を減らす効果が高いのです。

つまり、便秘の原因である悪玉菌が増えるのを防ぎ、より優れた整腸作用の効果が期待できるのは乳酸よりもビフィズス菌だということなのです。

年齢とともに減少していくビフィズス菌

腸内に最もビフィズス菌の量が多いのは生後1週間頃までです。授乳期の赤ちゃんの腸内は、95%がビフィズス菌となっています。しかし、離乳が始まる頃から減少傾向となり、高齢期になると腸内のわずか1%ほどに減少してしまいます。

ビフィズス菌の少ない腸には悪玉菌が増えていき、腸内にはアンモニアなどの腐敗物が増え、腸内環境は悪化します。便秘や下痢、体臭や口臭、肌荒れなどの症状が起きてきたり、病気を引き起こすこともあります。

美容と健康をいつまでも維持するためには、積極的にビフィズス菌を摂取し、腸内のビフィズス菌量を増やすことが重要です。

ビフィズス菌を食品で摂ることはできない

乳酸菌もビフィズス菌も、ヨーグルトに入っている菌だと思われている方が多いと思います。

しかし、ビフィズス菌は、本来ヨーグルトには含まれていません。
市販されているビフィズス菌が入ったヨーグルトは、あえてビフィズス菌を加えて発酵させたもので、本来のヨーグルトは、乳酸菌のチカラで発酵させるもので、ビフィズス菌は必要ではありません。

乳酸菌は、漬物やキムチといった発酵食品にも含まれていますし、果物や野菜に含めれるものもあります。

それに対して、ビフィズス菌は酸素を嫌うので、天然の食品には含まれていませんので、ビフィズス菌は、加工されたヨーグルト以外の食品で摂ることはできないのです。

ビフィズス菌の摂取方法はサプリがおすすめ

ビフィズス菌を摂取するには、サプリメントで摂取する方法がおすすめです。ヨーグルトでも摂取できないビフィズス菌を効率よく摂取することができます。

おすすめのビフィズス菌サプリは、ファンケルの「快腸サポート」というサプリメントです。

ファンケルの「快腸サポート」には、生きたビフィズス菌BB536が含まれています。
ビフィズス菌BB536は、機能性表示食品として、腸内環境を整え、お通じを改善することが報告されています。
「機能性表示食品」の認可を取得しており、臨床的にもデータが示されているので安心できる製品です。

生きたビフィズス菌は酸素や水分に弱く、胃酸でほとんど死滅してしまいます。そこで、快腸サポート」にはファンケル独自の「生きた菌を胃酸から守る製法」を開発、カプセル内に胃酸を入れないようにするだけでなく、入っても中和することで、胃酸から生きたビフィズス菌を守り、腸まで届けることができます。

公式サイトでは、30日分が1,000円(税込)・送料無料というお試し価格で購入できます。

試してみたいけど自分に合うか不安という方でも「無期限」「返送料ファンケル負担」の返金保証付ですので安心してお試しできます。。

☞ファンケルの快腸サポート公式サイトはコチラ

快腸サポート
まとめ

ビフィズス菌と乳酸菌は善玉菌の代表格であり、腸の調子を整えるためには、どちらも必要な菌です。特に便秘を解消したいという方には、ビフィズス菌を摂ることがいいでしょう。

そして、ビフィズス菌は年齢とともに減っていきますので、サプリメントで補うことをおすすめします。