便秘の解消にいいのはオリゴ糖、それとも便秘茶?

便秘に悩む女性イメージ画像
便秘の解消に効果があるとされている商品にオリゴ糖や便秘茶がありますが、いったいどちらを選ぶのがいいのかわからないという方が多くいます。

オリゴ糖は腸の中にある善玉菌のエサとなることで、善玉菌を増やす効果があます。そして。便秘茶は毎日お茶代わりに飲むだけで便秘がスッキリ解消する効果が期待できます。

この2つの効果を比べながら、便秘の改善に役立つ情報をお届けします。

オリゴ糖が便秘に効果がある理由

個人差はあると思いますが、オリゴ糖を摂取することで便秘が解消できた人が多くいます。

なぜ、オリゴ糖が便秘に効果があるのかといえば、オリゴ糖が腸の中にある善玉菌のエサになることで、善玉菌を増やす効果があるからです。

善玉菌は摂取した食べ物の消化・吸収と排出をスムーズにするために、腸内環境を整えるという重要な役割を持っています。

便秘の解消には、善玉菌が多く存在する状態を維持することが大事です。しかし、善玉菌の力が弱まり悪玉菌が優位になると便秘になりやすくなります。

そのため、便秘を改善するためには、善玉菌のエサとなる糖類を摂ることで、善玉菌を増やすことが効果的なのです。

善玉菌のエサとして好む糖類には、オリゴ糖のほかにもいろいろありますが、糖類の多くは胃や小腸で消化・分解されて大腸まで届くことができません。しかし。オリゴ糖は消化されにくく、大腸までしっかりと届きますので、善玉菌のエサとなり腸内環境を整えて、便秘を改善する効果が期待されています。

オリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサとなり、腸の働きを整える効果が期待できるので、ビフィズス菌や乳酸菌を含むヨーグルトや、納豆や味噌などの発酵食品と同時に摂取すれば、便秘の改善効果を高めることができるといわれています。

しかし、オリゴ糖は胃や小腸で消化されにくいですから、大量に摂ると下痢などの症状が出る可能性があるので、過剰な摂取に注意することが必要です。

藍の快調サポート販売サイトへ

長く続く便秘をそのまま放置しておくと、福通や腹部膨満感、肌荒れなど様々な症状が出てきます。それらを解消するために人気のあるのが便秘茶です。

人気がある理由としては、便秘の解消のためには水分補給が必要ですが、水だけでは味気ないということでお茶を摂る方が多くいるからです。

毎日飲むお茶を便秘茶に変えて飲むだけで便秘を改善することができる自然素材の茶葉を配合したハーブティーですので、体に負担をかけることなく便秘の解消に効果が期待できます。

便秘の原因は水分不足や血行不良が主な原因と言われていますし、食物繊維を多く摂ることも重要です。

温かい便秘茶を飲むことで、血行が促進され、水分補給にも適しています。また、便秘茶には食物繊維を多く含むごぼうや、体を芯から温め血行を良くする生姜などが含まれているものもあり、善玉菌をサポートして腸内環境を整えるだけでなく、体全体の調子を整えてくれる効果も期待できます。

便秘茶にはカテキンと言いう成分が含まれています。カテキンはポリフェノールの一種で、殺菌や抗菌作用があります。腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす働きがあるので、便秘の解消にも期待が持てるのです。

また、カフェインの入った便秘茶もあります。カフェインは眠気覚ましの改正作用があることはご存知だと思います。そのため、カフェインを含む飲み物を寝る前に飲むと寝つきが悪くなることがあります。

カフェインにはそのほかにも強心作用や利尿作用などを持っていますので、子供さんや高齢者の方が便秘茶を飲むのであれば、カフェイン抜きの便秘茶を選ぶなど注意が必要です。

便秘茶には紅茶やハーブティーのように味わいのあるものから、癖のないスッキリとした飲み口の味わいのものまでさまざまなものがありますので、自分の好みに合わせて便秘茶を選ぶことができます。

甘いものと相性の良い便秘茶にオリゴ糖を適量加えて飲むと、それぞれの成分の相乗効果により便秘の解消がより期待できると思います。

デルモッティ販売サイトへ

まとめ

オリゴ糖は腸内環境を整え、善玉菌を増やすことで便秘に効果が期待できるといわれています。特に便秘薬が安易に使えない妊婦の方や、産後の授乳により赤ちゃんに影響が出るのが怖くて便秘薬などが使えない女性に役に立ちます。一方便秘茶は、便秘の原因である水分不足や血行不良に温かい便秘茶を飲むことで、血行が促進され、水分を適度に補うことで便秘の解消効果が期待できます。

ご存知ですか?便秘を改善するお茶には2つのタイプがあることを

便秘茶イメージ画像
テレビ通販やネットでは、お茶を飲むことで便秘が改善できる便秘茶が評判を呼んでいます。
しかし、お茶だからといって気軽に飲むと副作用が出る便秘茶もあります。

便秘茶の中には下剤成分のセンナやキャンドルブッシュが配合されているお茶もありますので、便秘を改善するお茶を選ぶ際には注意が必要です。

便秘改善茶の2つの種類とは?

便秘改善茶といっても、その種類には様々なものがあります。
便秘茶に含まれる成分から考えると、2つのタイプに分けることができます。

1.継続して飲むことで、ゆっくりと効果が期待できる便秘茶

1-1 ゴボウ茶
ごぼうには、イヌリンという水溶性食物繊維が含まれています。水溶性食物繊維には、便通を良くする働きがあるので、これにより便秘解消の効果が期待できます。

また、ポリフェノールも多く含まれています。
このポリフェノールには抗酸化作用があり、体の老化を食い止める効果が期待できます。

1-2 ルイボスティー
ルイボスティーが便秘の改善に効果が期待できる理由は、ルイボスティーに含まれているSOD(酵素)が、腸の中をキレイにして、善玉菌の働きを活性化させることにあります。

便秘の原因は、悪玉菌増えることで引き起こされることが多く、ルイボスティーはその原因を根本から断ち切ってくれるのです。

また、ルイボスティーに含まれているマグネシウムには、腸内の水分を集める働きもあることから、硬い便をやわらかくしてくれる効果があります。

これらのお茶には、便秘改善に即効性を期待することはできませんが、飲み続けることで、体に優しく徐々にですが便秘を改善する効果が実感できます。

ごぼう茶もルイボスティーもノンカフェインです。

2.飲むと比較的早く効果が現れる便秘改善茶

これらのお茶には、センナキャンドルブッシュといった成分が含まれています。

センナはアフリカ原産の植物で、古代エジプト時代から下剤として利用されていたと言われており、現在でも便秘解消のために役立っています。日本ではセンナの葉と実が医薬品として取り扱われますが、便秘茶として市販されている「センナ茶」は、センナの茎の成分を使ったものです。というのも茎は医薬品でないため、食品に配合することが可能なのです。

キャンドルブッシュは、便秘に改善やデトックス効果が期待できる植物として注目されています。キャンドルブッシュには食物繊維が豊富で、お通じの改善に「即効性がある」と言われています。しかし、効果が高いだけに、正しい方法で摂取することが大切です。

センナやキャンドルブッシュが便秘の改善に効果があるのはセンノシドという成分が含まれているからです。センノシドが大腸に入ると、大腸を刺激し便意を引き起こします。また、大腸が便の水分を吸収して硬くするのを防ぎ、便の柔らかさを保つ働きもあります。

センナやキャンドルブッシュといった成分配合の便秘改善茶の飲みすぎに注意!

センナやキャンドルブッシュを含んだ便秘改善茶は飲み方に注意が必要です。
センナやキャンドルブッシュに含まれるセンノシドには、直接台帳を刺激して排便を促すので便秘を解消してくれる強い味方となってくれますが、自己判断でで大量に摂取するのはやめてください。、腹痛や下痢などの副作用を起こす可能性があります。使用するときには注意事項をよく読んでから飲むようにしてください。

センナやキャンドルブッシュが入った便秘改善茶の飲み方

センナやキャンドルブッシュを含んだ便秘を改善するお茶には、大腸を刺激して排便を促す「下剤」のような作用があります。

下剤と聞くと、薬と勘違いして飲むのをためらう方がいるかもしれませんが、正しい飲み方をすれば決して悪いものではありません。

便秘をそのまま放置しておくと、腹痛や吐き気、肌荒れと体に不調をもたらす原因になります。

どうしても便秘が治らない、便秘がひどくなったという方が、症状を改善するためにセンナやキャンドルブッシュを含んだ便秘改善茶を飲むことはいいと思います。しかし、お茶だから安心という思い込みで、飲み過ぎることだけは注意してください。

便秘を改善するために便秘茶を飲むのであれば、最初に紹介した、腸内環境を整えてくれるお茶や食物繊維が多く含まれたお茶を日頃から飲んで、腸を整えてあげることが、最も体に優しく便秘を改善することになります。

また、こういったお茶は下剤成分が含まれていませんので、毎日飲むお茶として飲むことができ、下剤による副作用の心配もないですから安心して飲むことができます。

その中でも、食物繊維が豊富なグア豆由来成分や桑の葉末が配合されている、下剤成分ゼロでノンカフェインなので、妊婦さんでも安心して飲める「すっきり贅沢抹茶」がおすすめです。

すっきり贅沢抹茶
まとめ 

便秘を改善するお茶といっても多くの種類があり、それらに含まれる成分も様々です。
便秘に対しても様々な効果が期待でき、飲み方によっても副作用が起きる場合もあります。
便秘茶を選ぶときは、まず自分の便秘の状態を確認し、お茶の味を楽しみながらゆっくりと便秘を改善するのか、下剤成分を含んだお茶で即効で便秘を改善するのかといったことから度の便秘茶を選ぶのかを決めることをおすすめします。
まずは、正しい便秘を改善するお茶の選び方を知って、自分の便秘の状態にあったお茶を選ぶようにしてください。

便秘の解消に効果のあるお茶の選び方をご紹介

便秘茶を飲む女性
女性にとって、「何日も便が出ない」、「お腹が張る」、「便が硬く、出すときに力む」など、排便に苦痛や不快感がある便秘。
つらいと思っていても「体質だから仕方がない」と我慢したりしていませんか?

便秘薬を使いたいんだけど、「効き目が強すぎてお腹が痛くなってしまう」という方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、つらい便秘を健康的に解消できるお茶とその選び方について詳しくご紹介します。

便秘解消に効果のあるお茶とは?

便秘の原因とお茶の働き

日本人女性の約半分は、便秘に悩まされているといわれています。男性と比べると女性が便秘になりやすい原因はいくつか考えられます。

体のつくりの違い

女性は男性よりも腹筋が弱いために、大腸が便を送り出す力が弱いといわれています。
また、女性は男性よりも体温がやや低く、血行不良による冷えによって大腸の機能が低下しやすいので便秘になりがちとなります。

ホルモンの作用

女性に便秘が多いのは、女性ホルモンの一つである「黄体ホルモン」が体に水分をため込むように指示を出し、大腸の腸壁から便の水分が吸収されて便が硬くなります。また、「黄体ホルモン」は生理前や妊娠中の期間は多く分泌されるために便秘になりやすくなります。
さらに、「黄体ホルモン」は体に水分をため込む特徴があるので、体全体がむくみやすくなり、体が重いと感じるのも生理前や妊娠中に多く見られます。

無理なダイエット

ダイエットで食事量を減らすことは、食物繊維や水分、脂肪分を減らすことになるので、腸のぜん動運動にも影響が出て、便が硬く輩出されにくくなります。

精神的な理由

女性の場合、忙しさや人前での恥ずかしさなどで、トイレに行くタイミングを逃してしまい、排便を我慢することも便秘の大きな原因の一つです。旅行などの環境の変化でトイレを我慢するということもあります。しかし、トイレに行くタイミングを逃してしまうことが多く続くと、便秘になることがあります。

いかがですか、心当たりのある原因はありましたか?

精神的な理由を除いた便秘の解消には、まず水分を補給して便を柔らかくして排出しやすくすることが大切です。

その点で「お茶」は水分を補給するために最適なうえ、お茶の種類によっては含まれている食物繊維やカテキン、ビタミンCが腸内環境を整えてくれるため、便秘の解消に効果が期待できます。
また、お茶によっては脂肪の吸収の働きを抑える働きのある成分を含んだものもありますので、ダイエットサポートや美肌の効果も期待できるものもあります。

参考 : ダイエットサポート効果のある便秘茶を紹介

自分に合ったお茶を選ぶことが大事

便秘茶の中には、継続して飲み続けてもなかなか効果が出ないと感じる便秘茶もあれば、効果があり過ぎて下痢気味になってしまったというものもあったり、体質により効果の表れ方は人それぞれで様々です。

ですので、自分に合ったお茶をしっかりと選び、継続して飲むことが大事ですので、まずは副作用のない成分の入った便秘茶を選んでみましょう。

 

便秘におすすめのお茶とは

 

プーアル茶
プーアル茶
プーアル茶には、ポリフェノールやビタミン、カテキンなどが含まれており、デトックス作用があることから、ダイエット、便秘解消のために飲むお茶として評判になっています。

プーアル茶に豊富に含まれているポリフェノールには、人間の体を酸化させてしまう活性酸素を取り除き、胃腸の働きを活発にする働きがあります。

腸の機能が衰えたり弱くなると、便秘が引き引き起こされますが、ポリフェノールによって胃腸の働きが活発になると、腸内に善玉菌が増え、腸内環境の改善・便秘の解消につながります。

また、プーアル茶には中性脂肪を燃えやすくしてくれるリパーゼという酵素を増やす働きがあります。このリパーゼが体内に蓄えられていた中性脂肪を燃焼させるための「遊離脂肪酸」というものに変化させます。遊離脂肪酸になると、運動などで燃焼されるので、ダイエットにつながるのです。

さらに、プーアル茶に含まれるカテキンと没食子酸という2つの成分が。脂肪を乳化してしまう胆汁に結びついて、胆汁の働きを制限することで。脂肪が消化・吸収されるのを防いでくれます。乳化されなかった脂肪分はそのまま体外に排出されるので、中性脂肪が増える心配がなくなります。

このように、プーアル茶にはもともと蓄えられていた中性脂肪を燃焼させ、これから蓄えられるのを防ぐという効果がみられるので、ダイエットを成功させたい人にとってはうれしいお茶といえます。

キャンドルブッシュ配合の便秘茶

キャンドルブッシュ
ゴールデンキャンドル(別名 ゴールデンキャンドル、カッシアアラタ、ハナセンナ)は、インドネシアやマレーシアなどの熱タイ地方に生息するマメ科の植物です。

キャンドルブッシュに含まれる成分と期待できる効果は、
食物繊維が豊富に含まれており、ゴボウの6倍、サツマイモの30倍といわれており、便秘の解消に効果が期待できます。

また、天然の下剤成分である「センノシド」には、自然なお通じを促す作用があり、また、大腸の腸壁を刺激して、水分の分泌を促すことで便を柔らかくし、排便をスムーズにしてくれる作用があります。

さらに、「グリソフェノール」という成分は、大腸の動きを活発にさせ、長官を刺激して老廃物の排泄を促してくれるため便秘の改善が期待できます。

そして、「フラボノイド」には、排便を促す緩下作用や利尿作用があり、便秘の改善が期待できます。
ほかにも、「スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)」は細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素で、血流の流れを良くする効果が期待できるので、冷えの改善や便秘の改善にも効果が期待できます

参考 : おススメできるキャンドルブッシュ配合の便秘茶の紹介

冷えからくる便秘に生薬配合の便秘茶

ケイヒ
冷え性で便秘に悩んでいる方が多くみられます。そんな方が便秘茶を選ぶためには、便秘の大敵である冷えに効果を発揮してくれる、ケイヒ「別名 シナモン」を配合している便秘茶を選ぶことがいいと思います。

ケイヒにはたくさんの体に良い成分が含まれています。

便秘解消に役立つビタミンB群やマグネシウムなどが含まれており、さらに毛細血管の血行促進をしてくれ冷えの改善効果も期待できますし、過剰な胃酸を抑えたり、腸の機能を整えたりする効果もあります。

また、体内に不必要な余分な水分を排出してくれるカリウムも含まれています。体内に水分が多すぎると体の冷えにもつながりますので、それも一緒に解消してくれます。むくみがちな女性にはうれしい成分です。

参考 : 冷えを改善して便秘に効果を発揮する便秘茶の紹介

頑固な便秘をスッキリと改称してくれる効果が期待できる便秘茶。味や価格、効果の出方は様々だと思いますので、自分の体質やライフスタイルに合ったものを見つけてください。
便秘茶の中には副作用のないものも多いので、たくさん飲んでも問題はないと思いますが、一度に大量に飲むことは止めて、一日の生活の中で数回に分けて飲んでみるようにしてください。

体に合った便秘茶なら、少しづつ腸内環境が改善され、自然なお通じが実感でき、美容の面でも嬉しい効果が気っと現れてくると思います。