40際から始める便秘対策に腸内環境を整える乳酸菌が効果的!

乳酸菌画像
平成25年度に厚生労働省が発表した「国民生活基礎調査の概況」によると60代から急激に便秘の方が増えていくということがわかりました。

便秘といえば、若い女性の悩みという印象が強いかもしれませんが、60を過ぎるあたりから、男性も便秘になるリスクが高くなり、65歳以上では便秘に悩む人は男性と女性の差がなくなるという結果が出ています。

たかが便秘と思われますが、高齢になると肉体的にも、精神的にも悪影響がありますので、40歳を超えたあたりから便秘対策をすることが必要です。

そのために、最も大切なことは腸内環境を整えることです。

 

便秘は腸内環境の悪化が原因

 

高年齢になると誰もが内臓の動きそのものが低下していき、腸内環境が悪化していきます。腸内環境が悪化すると腸内フローラのバランスが悪くなり、悪玉菌を増価させ有害物質を作り出したり、腸内のたんぱく質を腐敗させたりするといわれています。

生まれたばかりの赤ちゃんのっ腸内のビフィズス菌は99%前後といわれていますが、60代になると1%程度まで減少するそうで、腸内環境を整えるためには善玉菌を増やし、維持する必要があります。

日本内科学会によると、「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」が便秘と定義されています。

食事をすると、食べたものは胃や小腸で消化され、大腸へと送られます。そしてそこで、腸壁の筋肉が伸び縮みするぜん動運動が起きて、肛門へと送られます。

しかし、正常なぜん動運動が起きないと、便が大腸に滞っている時間が長くなります。大腸内に便が残っている状態が便秘なのです。

このような便が大腸に長時間滞留するような状態が続くと、悪玉菌が増殖して腸内のバランスが崩れてしまいます。、しかも腸の機能が低下するだけでなく。便が腐敗することで有毒なガスが発生することで、大腸がんなどを招く恐れもあります。

そこで、腸内環境のバランスを改善するために役に立つのが乳酸菌です。

乳酸菌はなぜ便秘に役立つの?

乳酸菌はオリゴ糖などを分解して乳酸や酢酸といった弱酸性の酸を作り出します。これによって腸内の環境を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。
また、乳酸や酢酸には腸内に働きかけて腸のぜん動運動を促す働きもあります。

そのため、乳酸菌を摂取することは、便秘を予防し、便秘を改善させるために非常に有効的な手段であり、便秘で悩んでいる方たちにとっては心強い味方といっても過言ではありません。

自分の腸内環境に合う乳酸菌を選ぶことが大事

私たちの体には一人一人違った腸内細菌が存在しています。
自分の腸が持っている菌に近い乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌が活性化され、さらに増殖することで、腸内環境をどんどん整えていってくれます。

どの乳酸菌が自分の腸に合うのかどうかは、まず1~2週間くらい同じ乳酸菌を摂ってみてください。同じ種類の乳酸菌を腸内にとり入れることで腸の中でその菌が増え、「便秘が良くなった」「肌荒れが改善した」「調子がいい」などと感じることができれば、自分に合った乳酸菌を見つけることができると、体調管理に役立ちます。

 

女神フローラ販売サイトへ
 

17種類配合の乳酸菌「女神フローラ」で便秘改善効果を実感

商品画像
「女神フローラ」は、市販のヨーグルトのように1種類の乳酸菌だけではなく、質の高い17種類の乳酸菌を摂ることのできる商品です。

乳酸菌は年齢とともに減っていき、悪玉菌が増えていきます。そのため40歳を過ぎたころから将来のリスクに備える必要があります。

女神フローラ」の特徴は?

一日分で1.7兆個の乳酸菌が摂れる

女神フローラの一日分の摂取量は2袋ですので、摂れる乳酸菌の数は、1.7兆個摂れることになります。
ヨーグルトだと100グラム当たり億個歩でなので、女神フローラの乳酸菌はヨーグルトを食べるよりも多くの乳酸菌を摂ることができるので効率的です。

また、種類ごとに働きが違う17種類の乳酸菌を配合しているので、自分の体内にもともとある乳酸菌に近い乳酸菌を摂取することができるので、腸内の善玉菌が活性化され、さらに増殖することで、腸内環境をどんどん整えていってくれます。

腸内フローラを整えてくれる成分配合

女神フローラには、ビフィズス菌が配合されています。ビフィズス菌には、腸内環境改善作用があります。腸内環境改善作用とは、腸内にある悪玉菌が抑制され腸内フローラバランスが改善し、悪玉菌により生成される腸内の腐敗物が減少することで便秘が改善される作用です。

他にも、人由来の腸内乳酸菌である「ラクトパチルス・がっせりー」や日本の代表的なプレーンヨーグルトに多く含まれており、整腸作用に優れている「ラクトパチルス・ブルガリクス」など、「プロバイオティクス」、つまり腸内環境を改善してくれる善玉菌が配合されています。

女神フローラを摂取することで、腸内フローラの改善がみられると便秘の改善だけでなく、次のような嬉しい効果も期待できます。

お肌と腸は密接な関係にあり、腸内フローラが乱れると腸の中に腸内腐敗物が溜まり、体内に吸収されお肌まで運んでしまい肌荒れの原因となりますが、腸内フローラが改善されることで、ハリツヤのある肌へと導いてくれます。

私たち人間の免疫機能は、体の中に入ってきた細菌やウイルスなどに抵抗し、排除しようとする働きがあります。この子の免疫機能の働きが強すぎると、味方であるはずの細菌や細胞に過剰に反応するようになります、これがいわゆるアレルギー反応の仕組みです。乳酸菌にはそれを和らげ、免疫機能のバランスを整える働きもあります。

乳酸菌の効果
☞女神フローラ公式サイトはコチラ

17種類・1.7兆個もの乳酸菌を一度にとれる「女神フローラ」は。「とくとくコース」でも申し込みがお得です。
初回は通常価格11,000円(税抜)が50%オフの5,500円(税抜)・送料無料で届けてくれます。
2回目以降も。10%オフの9,900円(税抜)・送料無料になっています。

ただし、3ケ月の継続が条件になっています。

☞公式サイトはコチラ

女神フローラ
まとめ

腸内細菌の種類や数は食生活や生活習慣、年齢などにより違っており、腸内フローラも人それぞれ違います。
腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に分類され、これらの細菌のバランスを「腸内環境」と呼びます。

何らかの原因で、腸内の悪玉菌が増えると、悪玉菌の作り出す有害物質も増えてきます。そしてこの有害物質は、便秘を引き起こすだけでなく、腸から吸収されて全身を巡り、生活習慣病や肌荒れ、肩こり、老化などに関係するといわれています。

いつまでも若々しく健康でありたいと願うのであれば、腸内フローラを整えることが重要になります。
そのためには、年齢とともに減少する伝玉金の代表格である乳酸菌を補うことが大切です。

乳酸菌は、腸内で乳酸や酢酸を作ることで、悪玉菌が増えることを防ぎ、腸の運動を正常にし、便秘を改善する、整腸作用があります。

善玉菌を増やしたいと考えて、毎日食品から摂ることはとても大変なことです。
「女神フローラ」は、種類ごとに働きが違う17種類の乳酸菌から生まれた完全オリジナル成分を配合したサプリメントで、人間の体内にも存在する乳酸菌なので、年齢や生活環境による健康の悩みをサポートしてくれます。