便秘の解消にいいのはオリゴ糖、それとも便秘茶?

便秘に悩む女性イメージ画像
便秘の解消に効果があるとされている商品にオリゴ糖や便秘茶がありますが、いったいどちらを選ぶのがいいのかわからないという方が多くいます。

オリゴ糖は腸の中にある善玉菌のエサとなることで、善玉菌を増やす効果があます。そして。便秘茶は毎日お茶代わりに飲むだけで便秘がスッキリ解消する効果が期待できます。

この2つの効果を比べながら、便秘の改善に役立つ情報をお届けします。

オリゴ糖が便秘に効果がある理由

個人差はあると思いますが、オリゴ糖を摂取することで便秘が解消できた人が多くいます。

なぜ、オリゴ糖が便秘に効果があるのかといえば、オリゴ糖が腸の中にある善玉菌のエサになることで、善玉菌を増やす効果があるからです。

善玉菌は摂取した食べ物の消化・吸収と排出をスムーズにするために、腸内環境を整えるという重要な役割を持っています。

便秘の解消には、善玉菌が多く存在する状態を維持することが大事です。しかし、善玉菌の力が弱まり悪玉菌が優位になると便秘になりやすくなります。

そのため、便秘を改善するためには、善玉菌のエサとなる糖類を摂ることで、善玉菌を増やすことが効果的なのです。

善玉菌のエサとして好む糖類には、オリゴ糖のほかにもいろいろありますが、糖類の多くは胃や小腸で消化・分解されて大腸まで届くことができません。しかし。オリゴ糖は消化されにくく、大腸までしっかりと届きますので、善玉菌のエサとなり腸内環境を整えて、便秘を改善する効果が期待されています。

オリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサとなり、腸の働きを整える効果が期待できるので、ビフィズス菌や乳酸菌を含むヨーグルトや、納豆や味噌などの発酵食品と同時に摂取すれば、便秘の改善効果を高めることができるといわれています。

しかし、オリゴ糖は胃や小腸で消化されにくいですから、大量に摂ると下痢などの症状が出る可能性があるので、過剰な摂取に注意することが必要です。

藍の快調サポート販売サイトへ

長く続く便秘をそのまま放置しておくと、福通や腹部膨満感、肌荒れなど様々な症状が出てきます。それらを解消するために人気のあるのが便秘茶です。

人気がある理由としては、便秘の解消のためには水分補給が必要ですが、水だけでは味気ないということでお茶を摂る方が多くいるからです。

毎日飲むお茶を便秘茶に変えて飲むだけで便秘を改善することができる自然素材の茶葉を配合したハーブティーですので、体に負担をかけることなく便秘の解消に効果が期待できます。

便秘の原因は水分不足や血行不良が主な原因と言われていますし、食物繊維を多く摂ることも重要です。

温かい便秘茶を飲むことで、血行が促進され、水分補給にも適しています。また、便秘茶には食物繊維を多く含むごぼうや、体を芯から温め血行を良くする生姜などが含まれているものもあり、善玉菌をサポートして腸内環境を整えるだけでなく、体全体の調子を整えてくれる効果も期待できます。

便秘茶にはカテキンと言いう成分が含まれています。カテキンはポリフェノールの一種で、殺菌や抗菌作用があります。腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす働きがあるので、便秘の解消にも期待が持てるのです。

また、カフェインの入った便秘茶もあります。カフェインは眠気覚ましの改正作用があることはご存知だと思います。そのため、カフェインを含む飲み物を寝る前に飲むと寝つきが悪くなることがあります。

カフェインにはそのほかにも強心作用や利尿作用などを持っていますので、子供さんや高齢者の方が便秘茶を飲むのであれば、カフェイン抜きの便秘茶を選ぶなど注意が必要です。

便秘茶には紅茶やハーブティーのように味わいのあるものから、癖のないスッキリとした飲み口の味わいのものまでさまざまなものがありますので、自分の好みに合わせて便秘茶を選ぶことができます。

甘いものと相性の良い便秘茶にオリゴ糖を適量加えて飲むと、それぞれの成分の相乗効果により便秘の解消がより期待できると思います。

デルモッティ販売サイトへ

まとめ

オリゴ糖は腸内環境を整え、善玉菌を増やすことで便秘に効果が期待できるといわれています。特に便秘薬が安易に使えない妊婦の方や、産後の授乳により赤ちゃんに影響が出るのが怖くて便秘薬などが使えない女性に役に立ちます。一方便秘茶は、便秘の原因である水分不足や血行不良に温かい便秘茶を飲むことで、血行が促進され、水分を適度に補うことで便秘の解消効果が期待できます。