高齢者の便秘を薬を使わずに解消する方法

高齢者イメージ画像
便秘といえば、若い女性の悩みという印象が強いかもしれません。しかし、実際には高齢になるほど男性も便秘になるリスクが高く、平成25年度「国民生活基礎調査」によると、便秘に悩む人は6オ台までは圧倒的に女性が多く、70代以降は男性も増え、80代以降になると男女ともに10%以上の人が便秘に悩むようになっているようです。

便秘と軽く考えがちで、何も対処をしない人もいますが、実は精神的にも肉体的にも様々な悪影響が考えられます。

 

高齢者が便秘になる原因は?

 

高齢者が便秘になる原因として3つの理由が挙げられます。

体力の低下

高齢になると筋力が衰えてきます。特に腸の働きに関係する腹筋の周りの筋力が衰えてくることで、便を排出するためのいきむ力が弱くなってしまうことで、便がきちんと運ぶことが難しくなり、便が腸内に長く留まることになり、腸が便の水分を吸収して硬くなり、さらに排便ができなくなる悪循環に陥ってしまいます。

また、自律神経が衰えることで便秘を引き起こします。
自律神経には筋肉を緊張させる「交感神経」と、リラックスさせる「副交感神経」とがあります。その二つがバランスよく働いて便を排出するのですが、このバランスが崩れると、大腸のぜん動運動が弱まり便を送り出しにくくなります。また、腸の感覚も弱まり、便が肛門の部分に降りてきているにもかかわらず、便意を感じにくくなってしまうこともあります。

食事量の減少

年をとると基礎代謝量が落ちていきますので、消費カロリーが少なくなります。同時に消化機能も衰えていきますので食事の量も減っていきますから、便の量も減り、排便する習慣が乱れてしまい便秘の原因になります。

また、食事の量が減ると、それに伴って水分の摂取量も減ってしまいます。水やお茶などの飲み物を飲むだけが水分摂取ではなくて、食事から摂る水分も必要なのです。水分の摂取量が少なくなると便が硬くなり、排便がより困難となってしまいます。

高齢者の場合、尿漏れや頻尿を気にして水分を摂ることを控えがちになりますが、そうするとただでさえ水分の摂取量が少ない便に含む水分量が減ってしまいより便が硬くなることになります。便が硬く少ない量だと若い人でも便の排出が困難になるため、高齢者の方は特に注意が必要です。

薬による副作用

持病を持っていて、常時薬を服用している人の場合、その薬の副作用として便秘になるということもあります。代表的なものとして、咳止め、抗生物質、抗うつ剤、高血圧の薬などがあるといわれています。ただ、これらの薬を服用して便秘になったからといって、自己判断でやめることはしないで、医師に相談して、別の薬を処方してもらうことが大事です。

便をやわらかくする薬として「酸化マグネシウム」が処方されることがあります。しかし、酸化マグネシウムは、不整脈や呼吸障害を引き起こしてしまう危険性も指摘されていますので、長期にわたる服用は控えるべきです。

 

高齢者の便秘解消法

 

トイレに行く習慣をつける

毎日規則正しく排便することが理想ですが、歳をとると便の量そのものが減ってしまっている状態なので、トイレに行く回数も減ってしまっている人も多いと思います。すると便意を感じにくくなることがあります。そこでたとえ便意がなくても、決まった時間にトイレに行く癖をつけることで、体にトイレの時間だと覚えこませ自然と便の出やすい環境を整えることが大事です。

軽い運動をする

体が衰えると腸の動きも悪くなっていきます。便を出すのに必要な腹筋を鍛えるためにも無理をしない範囲で体を動かすことが大事です。

無理する必要はなく、炊事や洗濯などの家事をこなし、散歩や買い物のための外出など日常的な活動を行うことで充分です。

こまめに水分を摂る

年をとるとのどの渇きを感じにくくなってしまい、水分補給が十分にできていないということが多くみられます。その結果便が硬くなり、排便しにくくなるのでこまめに水分を摂ることが大切です。

 

自然素材を配合した便秘茶は高齢者の便秘解消に効果的!

 

高血圧や糖尿病、その他の病気を抱えている高齢者の方でも、自然素材を配合した便秘茶なら、安心して飲むことができます。

便秘茶は、ぜん動運動をサポートするキャンドルブッシュをはじめ、体を温めて腸の動きを活発にする生姜や食物繊維を多く含むごぼうやハト麦、滋養強壮の高麗人参など数種類の成分を独自の処方で配合しています。

便秘茶は水分を摂取しながら自然にスッキリと便秘の解消効果が期待できるとされています。

お茶は休憩時間に飲んだりすることができるため手軽な便秘解消法といえますので、薬に頼りたくないという場合には積極的に飲むことをおすすめします。しかし一つ注意したいことはけふぇいんを含んでいるお茶を飲み過ぎないことです。

というのは、カフェインの入ったお茶を飲み過ぎると利尿作用によって多くの水分が尿となって排出されてしまい、便をやわらかくすることができなくなってしまうことが考えられます。

おすすめは、ホットな便秘茶を毎日のお茶代わりに飲むことです。

温かいお茶を飲むことで体が温められ、全身の血行が良くなりますので、低下しがちな体の機能を回復するのにも役立ち、腸の動きも活発になります。

また。お茶として飲むことで、水分補給になり、便に水分が多く含むことで、自然にスッキリ便秘を解消することができます。

☞高齢者の方におススメの便秘茶はコチラ

楽々するり温茶
まとめ

高齢者の方に最適な便秘茶は、腸の機能が低下しているのでぜん動運動をサポートする便秘茶を選ぶことが大事です。便秘茶は自然素材の成分を独自に配合しているので安心して飲めますし、毎日のお茶代わりに飲むことで無理なく自然にスッキリと便秘を解消してくれます。