便秘を解消するお茶って本当に効果はあるの?

便秘茶を飲む女性
便は体から排出されるべき老廃物です。
便が何日も腸内に滞留しているうちに腐敗してしまい、その結果、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化することで、便秘をさらに悪化させてしまいます。
そして、発がん物質や有毒ガスを発生させてしまうことにつながります。
発がん物質や有毒ガスは腸内で吸収されて、血管に入り込み体中へと流れていき、大腸がんなどを引き起こしてしまうことになります。
ですので、便秘体質だから仕方ないととあきらめることなく、便秘を根本的に解消していくことはとても大切なことです。

そこで、便秘の解消に役立つのが便秘茶です。

便秘を引き起こす原因は?


便秘を解消するためには、便秘の原因を知る必要があります。一般的に「排便が週に3回未満」の状態と言われています。そしてその原因は糸つではありません。

水分が足りない 

水分不足になると、体は体外に排出する水分を減らそうとします。そのため、排出される便から水分が少なくなり、便が硬くなります。

そして、硬くなった便は排出しにくくなり、便秘を引き起こすというわけです。

腸内に残った便はさらに水分を失い、より硬くなって、さらに便秘を悪化させることになります。
水分不足を起こさないためには、1日約1.5リットルの水分を摂ることが必要と言われていますので、こまめに水分補給をすることが大事になります。


食物繊維の摂取量が少ない


動物性脂質の王食事を摂る機会が多くなり、日本人は食物繊維の摂取量が減少傾向にあり、1日に必要な量に対して5gくらい不足しています。

食物繊維は、大腸まで消化されずに届き便となると、腸で水分を吸収して便の量を増やす働きがあります。

食事の際に食物繊維と水分を摂ることで、食物繊維が水分を多く含むようになり、体外に排出されやすいやわらかい便になります。

ですので、便秘を解消したいのなら、「水分補給」と「食物繊維を多く摂る」ということに注意しておくことです。

腸内環境が悪い

生活習慣の乱れやストレスが過度にかかったりなどで便秘が続いたりすると、悪玉菌が優勢となり、腸内環境が悪化します。
そうなると、腸内には腐敗菌が増えることになり有害物質や発がん性物質が増えることになります。

これらの有害物質や発がん性物質は、腸から吸収され、血液を介して全身に運ばれていきます。
特に便秘の場合、腸内に便が溜まってしまい、腸を健康に保つ善玉菌が減り、悪玉菌が増加し、腸内環境にダメージを与えてしまいます。

便秘茶は腸内環境を改善し便秘を解消するのに効果的な理由とは


便秘の解消に効果があるとして便秘茶が注目を集めています。

便秘茶は水分補給に最適なうえ、種類によっては含まれている食物繊維カテキンビタミンC腸内環境を整えてくれるために便秘解消の効果が期待できるのです。

便秘茶には、腸のぜん動運動を助けてくれキャンドルブッシュをはじめ、数種類の自然素材が配合されています。
食物繊維を多く含むごぼう、体を温めて血行を良くしてくれるショウガ、便秘による肌荒れを防ぐビタミンCやミネラルが豊富なローズヒップ、活性酸素を除去しアンチエイジングに効果的なルイボスといった様々なハーブを独自のブレンドで配合されています。

お茶として飲むことで水分補給にもなり、便をやわらかくして、自然なお通じができるようになります。

美爽煌茶で便秘の解消効果を実感


飲んだ方の99.2%の方がスッキリを実感できたという今話題の便秘茶です。

主成分にカッシア・アラタ(キャンドルブッシュ)を配合し、ローズヒップやエビスグサの種、ギムネマなど、世界各国の自然素材の中から9種類の日本人の便秘解消に効果が期待できる素材を集めて作られており、飲みやすいお茶に仕上がっています。

美爽煌茶を飲めば、毎日頑張らなくても自然のチカラでスムーズに排便できて、食べた分だけすっきりと出すことが出来ます。

数多く出回っている便秘茶の中には独特の苦みを感じる生薬などが配合されているものが多く、体にいいことはわかっていてもなかなか長続きしないものですが、美爽煌茶はフルーティーなアップル風味の味わい野ので、紅茶のような感覚で毎日美味しく飲むことができます。

カフェイン以外の化学物質も一切含まれていませんので、飲み過ぎによる依存症の心配もなく、腹痛を起こしたりということもありません。

☞美爽煌茶公式サイトはコチラ



まとめ

便秘茶は便秘を改善するために効果が期待できる成分を含み、自然のチカラで腸のぜん動運動を助け、便を排出しやすくすることで、便秘の解消が期待できるものです。
便秘茶には独自にブレンドした数種類の自然素材が配合されており、体の機能を回復させることで自然なお通じを可能にしてくれます。