便秘の改善に効果があるのは乳酸菌、それとも・・・

便秘女性イメージ画像
乳酸菌がもたらす整腸作用は、善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌の増殖を抑えるのにも役立ち、腸のぜん動運動をサポートし便秘の改善に効果があるということをよく耳にします。

一方、頑固な便秘をスッキリと改善してくれると注目を集めているのが便秘茶です。

便秘を改善したいと悩んでいる方にとっては、いったいどちらが便秘の改善に効果があるのかとお思いですよね。
そこで、乳酸菌の特徴と便秘茶の効果を調べてみましたので、どちらを選べばいいのかを考えるときの参考にしてください。

乳酸菌の特徴

善玉菌と呼ばれる乳酸菌は、私たちの腸内環境を良い状態に保ってくれる大切な細菌です。
善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れて、腸内の悪玉菌が優勢になると。悪玉菌が作り出す有害物質が増えてしまいます。

この有害物質は、便秘や下痢などお腹の調子を悪くするだけでなく、腸から吸収されて全身を巡り、体に様々な弊害を及ぼしますが、乳酸菌には、この有害物質の発生を防ぐ働きを持っています。

乳酸菌といっても、その種類はとても多く存在します。代表的なものとして、ビフィズス菌が挙げられますが、なかには、「プロバイオティクス」と記載されたヨーグルトもあります。プロバイオティクスとは、乳酸菌など人間に有益な細菌のうち、生きたまま腸に到達できる細菌を指します。

便秘知らずの体に導くためには、善玉菌が優勢な腸内環境にしておくことです。

そこで日頃から補っておきたいのが、善玉菌である乳酸菌です。乳酸菌は腸内で増殖すると乳酸や酢酸を作ることで、腸内を弱酸性にすることで、悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。

また、乳酸や酢酸には腸のぜん動運動を正常にし、下痢や便秘などを改善する整腸作用があります。

このように、乳酸菌を摂ることは、便秘を予防し、便秘を改善させるために効果的な方法であり、便秘で悩む方にとっては強い味方といえます。

生きて腸に届く乳酸菌を選ぶ

便秘を改善するために、乳酸菌をただ摂ればいいというわけではありません。
どのような乳酸菌を摂るかが大切です。乳酸菌にはいろいろな種類があり、相性も人それぞれです。同じヨーグルトを1週間程度毎日摂り続けて、お通じの状態を観察してみてください。改善がみられれば、その乳酸菌は自分には相性のいい乳酸菌だということになります。

摂取した乳酸菌はいつまでも腸の中に留まるわけではありませんので、相性のいい乳酸菌を見つけたら、毎日摂取することが大事です。

一方便秘茶は、20種類前後の自然素材から作られたハーブティーです。

便秘茶に使用されている成分の中でも有名なキャンドルブッシュは、便秘の改善やデトックス効果が期待できる自然素材として注目を集めています。

キャンドルブッシュが最近注目されている理由

美容や安易エイジングに効果がある健康法として注目されているのが「デトックス」です。

デトックスとは、体の中に蓄積された不要なものを排出し、解毒するという考え方です。そして、デトックス効果を高めるには、からだのなかのどくその80%程度を排出する腸がキーポイントということで、腸の環境を整え便通を良くすることが大切ということがわかりました。

そこで、スムーズなお通じで体内の毒素や老廃物を排出するために、食物繊維を豊富に含むキャンドルブッシュのような自然素材を摂取する人が増えているのです。

また。キャンドルブッシュは、食物繊維成分が腸内環境を整えるだけではありません。「センノシド」という成分が、大腸を刺激し便意を引き起こしてくれます。また、大腸が便の水分を吸収して便を硬くするのを防ぎ、便の柔らかさを保つ働きもあります。

ハーブティー画像
便秘茶は、水分補給に最適なうえ、キャンドルブッシュを主な成分として、ビタミンやミネラル、食物繊維などを含む自然素材をバランスよく配合されているので、腸内環境を整えてくれる便秘の改善に効果が期待できるお茶で、低カロリーで飲みやすく、ダイエットにも効果が期待できると女性に大変人気のあるお茶です。

ただ、便秘の改善に効果が期待できるお茶というイメージから、味も苦くて臭いもきついと思われるでしょうが、そんな心配は全く無用です。

フレーバーティーのような味わいのものから緑茶風味のものまであり、自分の好みに合ったお茶を選ぶことができますので、毎日無理なく続けられると思います。

☞自然素材の健康ハーブティー「デルモッティ」の公式サイトはコチラ

デルモッティ
 

まとめ

乳酸菌には種類も多く、自分に合った相性のいい乳酸菌を選ばないと効果がみられません。しかし、自然素材のハーブを使用した便秘茶であれば、自然なお通じが得られます。また、便秘茶には食物繊維やビタミンなども同時に摂取することができるので便秘の改善に高い効果が期待できます。