プーアル茶はダイエット効果だけじゃない便秘解消にも効果あり?

プーアル茶イメージ画像
 

プーアル茶って本当に便秘の解消に効果があるの?

 

プーアル茶は脂肪を分解する働きがあることから、ダイエットに効果が期待できるとお茶といわれています。
しかし、実はプーアル茶にはダイエットだけでなく、便秘改善にも高い効果が期待できます。

ではなぜ、プーアル茶が便秘改善に効果が期待できるのでしょう。

ここでは、プーアル茶の効果と、便秘に効果が期待できる理由についてまとめてみました。

プーアル茶とは?

プーアル茶とは、中国雲南省を原産地とする中国茶の一種です。
中国茶は、緑茶黄茶白茶青茶紅茶黒茶と6種類ありますが、プーアル茶は、体への刺激が少なく、健康維持に最適な「黒茶」の一種です。

お茶は発酵度が高くなるほど体への刺激が少なくなるという特徴がありますが、黒茶は他のお茶とは違い、2回発酵させる「後発酵」という方法で作られているので、より体に優しく健康的なお茶といえます。

黒モリモリスリム販売サイトへ

 

プーアル茶の効果

 

効果その1 ダイエット効果

プーアル茶には、中性脂肪を燃えやすくしてくれるリパーゼという酵素を増やす働きがあります。これにより、体内に蓄積されていた頑固な中性脂肪が、燃焼されるための準備の形である「遊離脂肪酸」にと変化するのです。遊離脂肪酸になると、運動名でで燃焼されていくので、ダイエットにつながるというわけです。

また、脂肪は体内で分解されると吸収される仕組みになっていますので、分解されなければ吸収されることもありません。
プーアル茶には、カテキン没食子酸という成分が含まれているのですが、この2つが、脂肪を乳化してしまう胆汁に結びついて、胆汁の働きを制限することで、脂肪が消化・吸収されるのを防いでくれます。そして、乳化されなかった脂肪はそのまま体外へと排出されるので、中性脂肪が増える心配がないというわけです。

プーアル茶には、もともと蓄積されてしまった中性脂肪を燃焼させるとともに、これから蓄積されるのを防ぐ効果が期待できるので、ダイエットをしたいという方におすすめのお茶といえるのです。

効果その2 便秘解消効果

プーアル茶には便秘の改善に有効なミネラルマグネシウムが豊富に含まれています。

マグネシウムは大腸で水分を吸って便をやわらかくしてくれる働きがあり、副作用が少なくクセになりにくい特徴があるため、その安全性の高さから医療機関では便秘の第一選択薬として用いられているほどです。

また、ミネラルにも便をやわらかくする働きがありますから、これらの成分を摂取することで排便が促され、便秘が自然に改善されることが期待できるのです。

さらに、ミネラルやマグネシウムのデトックス効果が、プーアル茶によるダイエット効果をよりバックアップしてくれます。

このように、プーアル茶は食べた物を分解して排出させるという魅力のあるお茶なのです。

効果その3 むくみ解消効果

プーアル茶にはポリフェノールの一種である「タンニン」が含まれています。

タンニンには、血流を良くする効果が期待できるので、新陳代謝が活性化し、むくみを解消してくれます。また、コレステロールや体内の老廃物を排出する働きもあるので、利尿作用がアップしたり、肌荒れ矢部猿臂の改善・予防につながるなどの効果も期待できます。

その他のプーアル茶の効果

プーアル茶には次のような効果も期待できます。

アンチエイジングや免疫力のアップ、冷えの解消、二日酔いの改善、花粉症の予防

黒モリモリスリム販売サイトへ

 

プーアル茶には副作用があるの?

 

プーアル茶は日常的に飲む程度の量であれば副作用が起きることは全くありません。

しかし、プーアル茶を飲み過ぎたために、不眠や腹痛、下痢などといった症状が表れる方もいるようです。というのも、プーアル茶にはごくわずかですが、ほかのお茶と同様にカフェインが含まれています。そのため、寝る前に大量に飲むといったようなことは避ける方がいいと思います。

また、プーアル茶には体内の老廃物を除去する働きがありますので、適度の飲むことでデトックス効果が期待できます。しかし、ダイエット効果を早く得たいからといって一度に大量に飲むと、お腹がゆるくなることがあるので注意が必要です。

 

妊娠中にプーアル茶を飲むことはおすすめできません。

 

プーアル茶には未熟児が生まれるリスクを高めるカフェインや、葉酸の働きを阻害するタンニンが含まれていますので、妊娠中はなるべく飲まないようにした方がいいと思います。

妊婦が1日摂取して良いとされる量は、イギリスでは200mgまで、アメリカやカナダでは300mgまでとされていますが、日本では150mg弱が目安とされています。

プーアル茶のカフェイン量は約30mg(150ml)程度になりますので、実際にはコップに2~3杯程度であれば飲んでも問題はありませんが、あくまでも安全に摂取できるとされる目安なので、妊娠中のカフェイン飲料はどうしても必要な場合のみ摂取するようにするのが賢明です。

おすすめのプーアル茶はコチラ

黒モリモリスリム