便秘の解消には酵素と乳酸菌を一緒に摂るのが効果的

便秘に悩む女性イメージ画像
便秘を解消するためには、腸内環境を整えることはとても重要なことです。そして、酵素が腸内環境を改善してくれる効果があることも良く知られていますよね。

実は、腸内環境を改善するためには、酵素と乳酸菌を併せて摂取することで、便秘の解消をもっと確実なものにできるかもしれません。

そこで、酵素と乳酸菌の違いや併せて摂取することで得られる効果についてご紹介します。

酵素と乳酸菌はどう違う

酵素は命の源

酵素は人間が生命を維持していく上で、水や酸素と同じように必要不可欠な物質です。
人間はバランスの良い食事を摂ったからといって、それだけでは生きていくことはできません。体に摂りこんだ栄養成分の消化・吸収・分解といった加工が必要で、その大事な仕事をしてくれるのが酵素なのです。つまり、酵素がなくては生命活動を維持していくことはできないということです

酵素の役割

酵素には、体内にある「消化酵素」と「代謝酵素」、食物から取り入れる「食物酵素」があり、「消化酵素」は文字通り食べた物の消化を助け、消化器内で分泌される酵素で食欲を増進します。

「代謝酵素」は、吸収された栄養を体の細胞に届けて、新陳代謝を良くし、体の悪い部分に働きかけて自然治癒力や免疫力を高める働きをしてくれます。

さらに、「食物酵素」は、私達が食べる生の果物や野菜、発酵食品に含まれ、消化酵素と同じ働きをします。また腸内にある毒素を排出してくれるデトックス効果もあります。

乳酸菌が腸の健康を守ってくれる

乳酸菌とは、炭水化物といった糖類を分解して、乳酸を作る細菌のことをいいます。腸内に生きたまま届いて、たくさんの乳酸を作ることで腸の運動を活発にしてくれます。

そして、腸内を酸性に保つことで善玉菌を増やし、悪玉菌が増えることを抑制して腸内環境を整えてくれるのです。

また、栄養分の消化と吸収を促し、免疫細胞を活性化させる働きもあると言われています。

乳酸菌は腸内の健康をサポートしてくれる大切な菌なのです。

そして、酵素と乳酸菌には、よく似た効果があります。
共通する効果としては、

腸内環境を整える
便秘の改善や予防
免疫力を高める
肌荒れの改善

などが挙げられます。

しかも効果だけが似ているのではなく、酵素も乳酸菌も、体内に存在しており、人間が生きていく上で必要不可欠で、年齢とともに減少していきます。

ですので、健康維持のために積極的に摂取したいものです。もちろん便秘を解消するためにも酵素や乳酸菌を摂取することは良いことです。

酵素と乳酸菌どちらか一つでも効果的ですが、できるなら酵素と乳酸菌を併せて摂取する方が、便秘解消に相乗効果が期待できます

 

酵素と乳酸菌で、便秘知らずの体質づくり

 

便秘知らずの体質づくりに大事なことは、腸内環境を整える体内にある酵素を増やす悪玉菌の増殖を防ぐの3点です。

腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種類の細菌が存在しており、善玉菌2割・悪玉菌1割・日和見菌7割のバランスに腸内環境を保つことがとても大切です。

健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌の定着や増殖を抑えています。また、善玉菌には、有害物質を体外に排出するのを助けたり、免疫機能を活性化したりする作用もあります。

しかしながら、このバランスは体調・食生活・年齢・ストレスといった様々な要因によって日々変化します。

そんな不安定な腸内環境を整えるためには、日頃から善玉菌すなわち乳酸菌を意識して摂ることが大事です。
善玉菌が活発な腸では悪玉菌も増えにくくなります。

また、悪玉菌は代謝酵素の働きを邪魔しますが、乳酸菌が悪玉菌が増えるのを阻止してくれるので、栄養がスムーズに体中に届くことができます。

もちろん酵素自体にも腸内環境を整える働きがありますが、体内にある酵素には限りがあり、消化酵素を多く使ってしまうと、代謝酵素に使える量が減ってしまいます。

ですので、腸内環境の改善は乳酸菌に任せて、酵素には免疫力のアップなどでしっかりと働いてもらうことで、便秘知らずの体づくりができることになります。

 

ビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維を併せて摂るのが効果的

 

便秘を解消するためには、欲を言うと、ビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維などを併せて摂れるのが理想的です。

ビフィズス菌は、乳酸菌とよく似た働きをしますが、ビフィズス菌は酸素のある場所では生息できず、乳酸だけでなく酢酸を作り出すことができます。この酢酸には、びたみんB群や葉酸を生成する以外に、強い殺菌力を持っているので善玉菌の増殖を防いでくれます。

そして、オリゴ糖や食物繊維は善玉菌のエサになるので、一緒に摂取することで善玉菌が増えるのをサポートしてくれます。

 

日本盛の植物生まれの酵素がおすすめ

 

「植物生まれの酵素」は、120年以上の歴史を持つ酒造メーカーの日本盛が作り出した酵素サプリメントです。

日本酒は米を発酵させて作りますから、日本盛は酵素の力を知り尽くした発酵のプロといっても過言ではありません。

そんな発酵のプロが、有機栽培や減農薬・無農薬の130種類の素材を使用し自然発酵させているので酵素が生きています。そして、植物性素材を使った酵素で、これだけ多くの種類を使っている酵素サプリメントはほとんど見当たりません。

素材の種類が多いだけ、「植物生まれの酵素」には多様な種類の酵素が凝縮されていますので、摂取する我々にも酵素の力がより伝わることになり、健康の源になります。

酵素として一番大事なことは、「植物生まれの酵素」が紐水も使わずに年間自然熟成された発酵エキスをそのまま熱を加えずにフリーズドライ製法でカプセルに封入されていることです。

酵素は熱に弱いという特徴を持っていますので、製造過程で熱を加えられると酵素としての働きを失ってしまいます。また、水を使うとカビが発生したり、腐敗が起きることになります。

こういったことからも「植物生まれの酵素」は酵素の特性を熟知して製造されており、酵素の働きが期待できる酵素サプリメントといえます。

☞植物生まれの酵素の詳しい情報はコチラ

 

腸内環境を改善させる乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維も配合

 

「植物生まれの酵素」は素材を自然発酵させたものですので、漬物や味噌と同じ発酵食品です。

発酵食品を摂ることは、酵素の補給となり、消化を助け、消化酵素の消費を抑えることに繋がりますので、代謝酵素が十分に活躍できることになるので、老化を防ぎ、若々しさを保つことに繋がるります。

そして、「植物生まれの酵素」には、有胞子乳酸菌末(乳頭、有胞子性乳酸菌)、植物性乳酸菌末(殺菌)、フラクトオリゴ糖食物繊維(難消化性デキストリン)が含まれています。

有胞子乳酸菌末、植物性乳酸菌末は植物性乳酸菌

酸に強く生きたまま腸に届き、腸内環境を整えてくれます。カプセル2粒に11億個の乳酸菌が配合され、乳酸菌は小腸で善玉菌として腸内環境の改善を図ってくれます。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は、タマネギやバナナに含まれるショ糖に1~3個の果糖が結合した糖類で、胃や小腸で消化吸収されることなく大腸に達し、ビフィズス菌のエサとなり、増殖を促します。

そしてフラクトオリゴ糖自身は、発酵を受けて短鎖脂肪酸となりますが、その過程において大腸を刺激し、便通を改善することが知られています。

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは食物繊維の一種で、トウモロコシのデンプンを原料に食物繊維の不足を補うために作られました。

難消化性デキストリンにはいろいろな効果があることがわかっていますが、その一つに整腸作用があり、便秘の改善効果が期待できます。

難消化性なので、胃や小腸で消化されず、水分を加え、便のカサを増したり、腸のぜん動運動を促したりしてくれるので便秘の改善につながります。

と同時に、大腸内でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるので、下痢の改善にも効果が期待できます。

多くの方が、「植物生まれの酵素」を摂取してスッキリ感を得ているのは、酵素はもちろん、乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維の効果だといえます。

40歳以上になると80%の人が男女を問わず便秘で悩んでいると言われています。
便秘が健康に与える悪影響を考えるなら、便秘を改善することは非常に重要なことです。

「植物生まれの酵素」を摂ることで便通の改善をしてみてはいかがですか。

☞「植物生まれの酵素」公式サイトはコチラ