スマホ画面修理について解説するサイト

スマホ画面の割れや、それ以外のトラブル含めた対応方法を解説

なぜスマホの画面は割れるのか

前提として、スマートフォンのガラス面というのは、割れてしまえばタッチができなくなり、それはつまり、スマートフォンとしての操作がほぼできなくなるということを意味していますから、各メーカーは、日々丈夫なガラスの開発に力を入れていますし、実際、丈夫さは増しているのです。
しかし、スマホは薄型化し、シャープなデザインへの変化もあり、ベゼルも細くなっているため、従来は衝突面と接することのない位置が多かったガラスが、今はその位置にあることが多く、割れる可能性がゼロにできないのです。
また、ガラスは一度落としたりぶつけたときに入った「傷」から、一気にヒビが入っていく場合が多く、「2度目」の落下や衝突で割れるという経験が、皆さん多いようです。

業者で対応するか、自分で何とかできる場合

基本的に、スマホの画面割れは、自分で修理するよりは、修理業者に任せた方が安心です。
何故かというと、スマホの画面は、特殊な工具や工法で本体に接着してあるため、その取り外しに適した工具を使わないと、きれいに剥がれてくれないからです。
また、画面の裏側には、本体の基盤と接続するためのケーブルが存在しています。
そのケーブルを万が一破断してしまった場合、本体機能にまでダメージを与えてしまう恐れが高いです。
そのため、画面交換は、専門の修理業者に依頼するのが良いでしょう。
なお、インターネット上では、スマホの画面を修理するキットが販売されているので、機種にもよりますが、3000円ほどで自分で修理することも可能ではあります。
しかし、そのような対応をした場合、万一失敗したとしても、メーカー保証の対象外となりますので、注意してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る